the草野球blog

リアルで草野球。ネットで草野球ブログ。




道具・その他

“覇王”が気になって、野球ユニフォーム製作の“ファンゴ”を取材してみた!【後編】

投稿日:


覇王が気になってきた草野球プレイヤーのみなさん、こんにちは。
今回の記事は、前回の記事「覇王 前編」の続きの後編記事になります。

実際に野球ユニフォームオーダー製作のファンゴさんに取材に行ってきました。
覇王についてや野球ユニフォーム製作についても色々と聞いてきましたので、ぜひご覧ください!

 

野球ユニフォーム オーダー製作会社「ファンゴ」を訪問

アポイントをいただき、いざ渋谷桜丘へ。
オフィスが入るビルに到着。6Fまでエレベータで上がる。

ドア前。
取材の時って緊張するっす。。。

ファンゴさんってホームページがアバンギャルドな感じだし、「覇王」ってネーミングも結構ぶっ飛んでるし、大丈夫かな。。。

 

こんにちはー、あのー、取材で来ましたthe草野球blogのインキョと申しまーす!






静寂&緊張




ファンゴ
はーい、インキョさん!お待ちしてました、どうぞ、お入りください。
キタ!

野球ユニフォーム製作会社ファンゴ入り口

玄関が素敵な感じですねー。
ユニフォーム屋さんってどんな感じか想像もついていなかったのですが、入り口から落ち着いた雰囲気でとっても好印象。

さてさて、中へと通していただきました。

野球ユニフォーム製作会社ファンゴオフィスの中

お、会社っぽい!
デザイン会社さんに来たみたいな感じの、おしゃれな印象のオフィスです。

奥の部屋では、出荷直前のユニフォームの検品の真っ最中でした。
野球ユニフォーム製作会社ファンゴ 検品作業

 

工場から出来上がって来たユニフォームを、一着一着間違いがないかを検品していくそうです。とても丁寧に作業をされていました。安心感というか品質感が感じられます。

 

という感じでオフィスをぐるっと見せていただいたところで、いよいよ本日の本題!
野球ユニフォーム製作について、特に「覇王」ユニフォームに関しての取材のスタートとなりました。

 

野球ユニフォーム「覇王」について、取材開始!

ファンゴ
今日はよろしくお願いします、インキョさん!ブログ拝見してますよ〜
ありがとうございまーす!こちらこそよろしくお願いします。今回の取材では、「ファンゴさんについて」「野球ユニフォームオーダー製作について」それと「覇王ユニフォーム」についてお話をお聞かせいただけますか?
ファンゴ
もちろんです!

まずは、ファンゴさんについてのお話から取材スタート!

はーーーい!まず最初のご質問よろしいでしょうか!?

野球ユニフォーム製作会社ファンゴ 取材の様子

ファンゴさんとの取材は終始和やかな雰囲気で進みました。

早速なんですが、まずはファンゴさんについてお話を聞かせていただけませんでしょうか。特長とか、他のユニフォーム屋さんとの違いとか、何かありますか?
ファンゴ
そうですねー、オリジナルシャツの製作をしているメーカーはたくさんありますが、当店が何よりも自負しているのはお客様との近さですかねー。
近さ!近さっすか!
ファンゴ
はい、どのチームのユニフォームを作る時もチームの一員になったつもりで、真剣にひとつひとつ丁寧にご要望をお伺いするようにしていますよ!
なるほど、それはいいっすね!僕も自分のチームのユニフォーム製作の幹事やったことがありますが、結構大変なんですよ、こっちはこっちで。作ってもらう側の真剣さって大事だと思います!

ファンゴ
ときには「それはかっこよくないかも。。。」と申し上げてしまうことも。 「あくまでも私の意見ですが、それより、こちらの方が・・・」ということもしばしば。 なぜなら、後悔させたくないんです。 作った後に、やっぱりああしておけばよかったとか、どうしてもっと早く言ってくれなかったのよ~って思われたくないんです。 初めてのユニフォーム作りで、みなさんワクワクが止まりません。あれもしたい。これもしたい。 それは当然のことです。しかし、あれもこれもゴテゴテと詰めすぎると 違和感たっぷりのものになってしまうことがあります。 そんなとき、お節介を承知で ピシャリと言わせていただいたりしております。

さすが、ロープーっすね!

ファンゴ
ロープー???

あ、プロってことっす(^_^;) 確かに幹事ってメンバー全員の意見を聞くわけにはいかないですけど、できる限りみんなの要望を反映したい!って考えるもんなんですよ。だから、そういう意見もらえると逆に嬉しいかもって思いまして。
ファンゴ
なにもかも聞き入れてハイハイと受け入れ、言われた通りに作れば文句はないだろうという考え方はしません。私たちもチームの一員だからこそ、私たちも満足する1着をお作りしたいのです。丁寧にご要望を伺い、プロの目でアドバイスをさせていただくところが、皆様から親しみも持っていただける点ではないかと。。。
そういう感じ、とってもいいと思いますよ。大抵の幹事さんって、初めてユニフォーム作る方だと思いますので。
他にファンゴさんの特長ってありますか?価格が他よりも安いですよね。そのあたりについても何か秘密などあれば教えていただけますか?
ファンゴ
当社は、デザイン受付から製作納品まで、すべてを自社で一貫製作しているので、無駄なコストを省き、お客様還元につなげております。オリジナリティーあふれるユニフォームを、全部コミコミの価格で打ち出せているのは当社だけです。
なるほど、中間のコストを省いてるってことですね。今っぽい!

続いて、野球ユニフォームの基礎知識的な話へ

ちょっと話を戻すというか、野球ユニフォームのお話を聞いてもよろしいですか?野球ユニフォームの種類について聞かせていただけませんでしょうか?いまいちよく分かっていないところもあるので。。。

刺繍タイプの野球ユニフォームについて

ファンゴ
まず、代表選手としては、「刺繍ユニフォーム」です。生地に刺繍でチームのロゴマークやラインを入れていくタイプですね。

刺繍ユニフォーム作例 全体

刺繍ユニフォーム作例:オーソドックスな野球ユニフォーム「刺繍」タイプ。この生地はエアメッシュという通気性に優れた素材。

刺繍ユニフォーム作例 胸マークアップ胸マークに鮮やかな赤色と白縁取りの刺繍。

刺繍ユニフォーム作例 背番号アップ背ネームと背番号の刺繍。

ファンゴ
当社は、刺繍シャツを製作するところからスタートしていますから、刺繍には自信があります。 胸マーク・背ネーム・背番号・袖マーク 他のメーカーと比べると断然を群を抜いた豊富な書体・バリエーションから選んでいただけます。

昇華タイプの野球ユニフォームについて

ファンゴ
そして、最近流行ってきているのがもう一方のユニフォーム「昇華プリントユニフォーム」です。簡単にいうと、ユニフォームの生地自体にプリントするタイプですね

昇華ユニフォーム作例 全体

昇華ユニフォーム作例:生地自体に自由にプリントできるため、デザイン表現がとても自由。

昇華ユニフォーム作例 胸マークアップ

胸マークや背番号もプリントで仕上げるため、刺繍の立体感はないものの、「軽さ」や「たたみ易さ」などのメリットもあるとのこと。

ファンゴ
昇華転写印刷は、まだ新しく進化を続けている加工技術です。当社も遅れることなく参入しております。今まで無地の生地、あるいは定番の柄でしか製作出来なかったユニフォームが、少ロットでも、安価で好みのデザインに出来ちゃう、夢のような望みを叶えた画期的な技術なのです。

横浜ベイスターズのユニフォームって、このタイプですよね。デザインが斬新な感じがして、新しいイメージがありますね!

いよいよ、覇王ユニフォームについてのお話

さて、いよいよ本題!Webサイトで「覇王」っていうユニフォームを見たのですが、その覇王についてお聞かせいただけないでしょうか!

覇王ユニフォームについて

ファンゴ
「覇王」は、「刺繍」と「昇華」の良いところどりの野球ユニフォームシャツです。デザインや色合いに限界があった刺繍のデメリットを、自由にデザインできる昇華プリントに頼ることによって、無限なる自由と高級感を両立させました。斬新なデザインとトラディショナルが融合したベストマッチング!ファンゴ最高傑作のシリーズ、それが覇王なんですー!!

おおおおおーーーー!スッゲーーー!なんか、スッゲーっす!!!

覇王ユニフォーム作例 全体

覇王ユニフォーム作例:昇華プリントで生地自体に自由にデザインでき、なおかつ刺繍加工で立体感・高級感を出すことができる。このユニフォームはグラデーションデザインの上に刺繍加工が施されているタイプ。かっこいい!

覇王ユニフォーム作例 胸マークアップ

チームの胸マークをしっかりと刺繍加工で表現。

覇王ユニフォーム作例 背番号・背ネームアップ

背ネームや背番号はもちろん、ラインの部分も刺繍で立体的に。

 

ファンゴ
プリントした生地にマーキング刺繍しただけではないところがポイントです。無地部分は先染め生地を用いて風合いを大切にし、袖ラインはプリントではなく、ニットラインテープを用いて存在感とスポーティー感をUPさせます。こうすることで、野球ユニフォームの本物感がぐわ~っと出ます。昇華も刺繍も、どちらも誇れるファンゴならではの「覇王」といえます。

覇王、おそるべし!ただ単に刺繍と昇華を組み合わせただけではないんですね!ネーミングもインパクトあっていいと思います!

 

野球キャップやパンツも自由自在!

野球ユニフォームって、ユニフォームシャツだけじゃないですよね。キャップやパンツについてもお聞かせいただけますか?

キャップとパンツについて

ファンゴ
はい!キャップとパンツにも手を抜かないのがファンゴです!同じユニフォームメーカでも、シャツしか作っておらず、セット販売のキャップやパンツは外注しているところもありますが、当社では、すべて自社工場で製作しております。新生チームで、今は予算的にキャップしか作れないというお客様でも、後から揃いのシャツを安心してオーダーいただけます。CAPのバリエーションが多く、細部に至るまで、好みの色やスタイルをチョイスできるという点は、とても喜ばれております。ニューエラーのようなキャップが作りたいんだけど・・・というお声をいただきますが、その方たちにも満足いただいております。

ベースボールキャップ アーチツバ・平ツバ

ベースボールキャップ作例:ファンゴでは選手ごとにアーチツバ・平ツバの選択が可能とのこと。チームロゴが存在感あって、かっこいいですね。

平ツバって最近プロ野球選手にも浸透しつつありますよね、ストリート感あってかっこいい!
ファンゴ
あと、最近とても喜ばれているのが ヘルメットワッペンです。 デザインは、キャップのマーキングと同じものになります。 1つ 1,000円 で、3つからご注文いただけます。

野球ユニフォーム用ワッペン

ワッペン作例:ユニフォーム袖に付けられたワッペン。チームロゴをワッペンにして、ヘルメット用のワッペンを作成することも可能とのこと。

うちのチームもそうですけど、チームってヘルメットを最低6つ用意するんですよね。チームユニフォームを作るときについでに作っちゃうって気持ち、よく分かります。ヘルメットって市販ののっぺらぼうのを買うので、そのままだとちょっと寂しいんです。。。
ファンゴ
はい、ユニフォームと合わせて揃えていただくことができますので、ぜひご利用いただければと思います!

 

最後に、ファンゴさんから草野球プレイヤーの皆さんにメッセージ

いろいろとお話いただき、ありがとうございました!最後に草野球プレイヤーの皆さんにメッセージをいただけますか?

ファンゴ
スポーツ用品メーカーとしては、まだまだ名の知れたメーカーではございませんが卸としては長く携わってきました実績がございます。これまで培ってきた技術とノウハウを生かし、「さあ、楽しい野球のはじまりだ」を合言葉に、全国の野球を愛する皆さまが、もっと野球を楽しめるような手助けができたらうれしいです。オーダー品を作ったことなんてないよという方でも、安心して頼られるお店であるために、これからも頑張ってまいります!

ファンゴさん、今回は取材を受けていただきありがとうございました。the草野球blogを見てくれている全国の草野球プレイヤーのユニフォーム選びの参考になったかと思います!

 

ということで、野球ユニフォームオーダー製作のファンゴさんの取材が終了となりました。いかがでしたでしょうか。

野球ユニフォームって、作る側にもいろいろな思いがあることが分かりました。毎度こっちのわがままを聞いていただいてるんだなってことを思ったりもしました。

そして、刺繍から昇華ときて、ファンゴさんの「覇王」!
野球ユニフォームは進化を続けていますね。

ファンゴさんのユニフォームに関する詳細はホームページにてご確認ください。
野球ユニフォームオーダー製作「ファンゴ」ホームページ

ではまた!

adsense336280

adsense336280

-道具・その他
-, , , , ,

Copyright© the草野球blog , 2018 AllRights Reserved.