the草野球blog

リアルで草野球。ネットで草野球ブログ。




アーカイブ

2007年度チーム成績&個人成績【チーム結成2年目】

更新日:


160507-0004

2007年度のチーム成績と個人成績のまとめ

所属チーム「大和ブロス」の2007年のチーム成績と個人成績をまとめた記事になります。

2007年はチーム結成2年目の年になります。(チーム結成1年目の活動は、残念ながら記録として残していませんでした。練習試合は8試合程度行ったと思います)

当時のメンバーの平均年齢は30代前半。バリバリに動けていましたね。

年間試合数は19試合。月に2回は試合してました。メンバーも集まりもよく、結構遠くまで遠征して練習試合とかしてました。

また、この年には初めての公式戦として神奈川新聞杯にも参加しました。

さて、年間を通じてのチーム成績はどうだったのでしょうか。

2007年度は、7勝11敗1分。

うーん、負け越してはいますが、強い相手との対戦も行っていましたのでよく戦ったのではないかな、と思います。

では早速試合詳細です!

 

2007年度チーム成績

3月25日(日):引地台球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7
大和ブロス 1 0 1 0 0 1 3
秋桜 0 0 1 8 0 × 9

 ※6回表途中、時間切れのため試合終了。練習試合のため、6回途中までを参考記録として記載。

 

【Report】
今シーズン初戦にも関わらず、ブロス2投手がコンディションづくりに失敗。肩痛を抱えたまま必死の投球を続けるも、4回裏、ついにマローン投手が相手打線につかまる。相手主砲のレフトフェンス直撃90m弾などを浴び、8失点。6回表に放たれたブロス主砲キクリンのエンタイトルツーベースが、チームの今後に光明をもたらした。(監督選出のMVPは、MVPインキョ、準MVPシミッペ)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 マローン 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 クマ 3 1 0 1 0 0 0 0 0 0
3 インキョ 3 2 1 0 1 0 0 1 1 2
4 キクリン 2 1 0 1 0 0 1 1 1 0
5 コータ 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0
6 ウッチー 3 0 0 0 0 0 0 3 0 0
7 カワチャン 3 2 0 0 0 0 0 0 1 0
8 イケポン 3 1 1 0 0 0 0 1 0 0
9 シミッペ 2 1 0 0 1 0 0 1 0 1
10 オツヤン 2 1 0 0 0 0 0 0 1 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
インキョ 4 1 1 0
マローン 1 8 0 2

 



4月7日(土):引地台球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7
大和ブロス 3 1
秋桜 0 6

         ※2回終了後、雨のためノーゲームに。

 

【Report】
オツヤン監督の不在、主砲キクリンの怪我という2つのネガティブな要素が、天候までも曇らせたのではないだろうか。全体的には、点の取り合いといった様相で試合が進むも、2回終了後、球場側の判断でノーゲームに。消化不良のため、その足でバッティングセンターに向かう人多数。あえて試合のポイントを挙げるなら、怪我をおして出場したキクリンのレフトオーバー3塁打か。(判断できないため、今回はMVPの選出ナシ)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 シミッペ 2 0 0 0 0 0 0 2 0 0
2 カワチャン 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0
3 カワサン 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0
4 インキョ 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0
5 ヒロ 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0
6 シナ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0
7 コータ 1 1 2 1 0 0 0 0 0 0
8 マローン 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0
9 イケポン 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10 キクリン 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0
11 クマ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0
12 ナンチャン 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
マローン 2 6 2 1

 



4月22日(日):王御住グラウンド (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
戸田フォース 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
大和ブロス 7 5 1 1 1 0 0 0 × 15

 

【Report】
ブロス、ついに今期初勝利!初回から、一挙7得点の猛攻で勢いに乗ると、その後も得点を重ね、終わってみれば15点を取り快勝。4番に座ったインキョがブロス初のホームランを含む3安打6打点の活躍。投げては、初登板のキクリンがノーヒット・ノーランの快投を演じる。また、助っ人3人の活躍も目を瞠るものがあった。反省材料としては、尻上がりに調子を上げる相手投手に、後半はピシッと抑えられたところを挙げておくべきか。(MVPキクリン、準MVPインキョ)

 

打者 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 マローン 4 1 1 0 1 0 1 0 0 0
2 クマ 3 0 0 0 0 0 2 0 0 0
3 クーヤン 2 1 1 0 0 1 3 0 0 0
4 インキョ 5 3 6 1 1 1 0 0 1 1
5 モッシー 5 3 2 1 0 0 0 0 0 0
6 ヒロ 4 1 1 1 0 0 1 0 0 0
7 カワチャン 5 2 2 0 0 0 0 1 0 0
8 テラサン 5 2 0 0 0 0 0 2 0 0
9 キクリン 4 1 0 0 0 0 1 0 1 2
10 オツヤン 4 2 2 0 1 0 0 0 1 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与四死球
キクリン 8 0 8 5
ヒロ 1 2 0 1

 


   

4月29日(日):引地台球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7
大和ブロス 0 0 0 0 0 2 2
秋桜 2 1 1 0 4 1 9

 

【Report】
左腕エース、マローンがじん帯を損傷。この危機を全員野球で乗り越えようとするも、山は高く険しかった。登板した3投手が頑張りを見せるも、守備の乱れからコンスタントに失点を許す展開に。バッティングも全体的に湿りがちで、唯一の見せ場といえば6回表の攻撃、クマの3塁打&インキョの2試合連続のホームランに尽きるか。(MVPインキョ 準MVPクマ)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁
1 クマ 3 1 0 0 1 0 0 1 0
2 カワチャン 3 0 0 0 0 0 0 3 0
3 インキョ 3 1 2 0 0 1 0 0 1
4 キクリン 3 0 0 0 0 0 0 2 0
5 カワサン 2 1 0 0 0 0 0 0 0
6 コータ 2 1 0 0 0 0 0 0 0
7 シミッペ 2 0 0 0 0 0 0 0 0
8 ウッチー 2 0 0 0 0 0 0 1 0
9 オツヤン 2 0 0 0 0 0 0 0 0
10 シナ 1 0 0 0 0 0 0 0 0
11 ナンチャン 1 0 0 0 0 0 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
オツヤン 3 4 0 2
コータ 2 4 0 2
クマ 1 1 1 1

 


    

5月12日(土):日清オイリオグランド(公式戦:神奈川新聞杯:1回戦)

 

1 2 3 4 5 6 7
大和ブロス 0 0 5 0 2 0 7
根岸海城クラブ 0 0 0 0 4 2 6

 

【Report】
ブロス初の公式戦。
チーム結成は、この日のためにあったといっても過言ではないだろう。
参加メンバーは11名。全員が顔を引きつらせる中、ついにプレーボール。
サイは投げられた。一回表、ブロスの攻撃。相手のピッチャーを見やる。
鬼のような球威、球速、球のキレ。
相手チームのレベルは、二つ三つ上のようだった。
しかし、この日のブロスはヒトアジ違った。
初の公式戦。「勝ちが絶対」の初めての試合。
全員が必死だった。その気持ちが、3回表にカタチとなって現れる。
2アウトランナーなしから、エラー、四球、四球でつなぎ、トヨがセンター前2点タイムリー。
さらに、ナンチャン、コータが連続の2塁打。一挙5点をとる。
5回にもカワチャンの3塁打で2得点。7対0となる。4回までノーヒットピッチング、好投を続けるインキョ。
ジャイロボール(自称)を駆使し、バットの芯を外すピッチングを展開。
しかし、球威、コントロールが落ち始めた5回裏、ついにつかまる。
4連打、守備の乱れなどが絡み、一挙4失点。3点差に詰め寄られる。勝利まで、トントン拍子に進むはずがなかった。
格上の相手。初の公式戦。経験のなさ。技術不足。油断。
5回以降、それらの要素がブロスナインに一気襲いかかり、試合は混沌としていく。最終回。6回裏。
バテバテのインキョが、いとも簡単に柵越え2ランを打たれ、その差1点。
その後も攻められ、2アウト2、3塁、一打サヨナラの局面を迎える。「俺のところにだけは、飛んでくるな」果たして、何人のブロスナインがそう思っただろう。
張り詰めた空気。グランドいっぱいに漂う緊張感。
カウントは1-2。
こん身のジャイロ(自称)を投げつけるインキョ。
サードゴロ、ゲームセット。
勝った!
が、あまりのプレッシャーと疲労に素直に喜びを表現できずにいるブロスメンバーであった。ブロス、2回戦へ。
次も、勝利へ。

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 オツヤン 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 カワサン 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0
3 インキョ 3 0 0 0 0 0 1 0 0 0
4 キクリン 3 1 0 0 0 0 1 2 0 0
5 トヨ 3 3 2 0 0 0 0 0 0 2
6 ナンチャン 3 1 2 1 0 0 0 2 0 1
7 コータ 2 1 1 1 0 0 1 1 0 0
8 シミッペ 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0
9 イケポン 1 0 0 0 0 0 2 1 0 0
10 カワチャン 1 1 2 0 1 0 1 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
インキョ 6 6 2 6

 


   

5月26日(土):光陵公園野球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7
Y.ウイナー 3 4 0 0 1 0 8
大和ブロス 1 0 8 6 0 0 15

 

【Report】
午前中に予定されていた公式戦が流れ、フルパワーでこの試合にのぞんだブロスメンバー。先発インキョが肩痛により1回終了後ギブアップという波乱の幕開け。変わった2番手クマが尻上がりに調子を上げ、試合をつくるナイスピッチングを展開。攻撃面では、ブロスの集中打が炸裂。3回、4回で14点をたたき出す猛攻をみせた。特に際立ってきたのは、1番シミッペの3本のツーベースと2番カワチャンの3安打。クマの粘りのピッチングも評価に値する活躍か。(MVPシミッペ 準MVPカワチャン)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 シミッペ 4 3 3 3 0 0 0 0 0 2
2 カワチャン 4 3 2 1 0 0 0 1 0 1
3 ナンチャン 4 2 3 0 0 0 0 1 0 0
4 クマ 3 0 0 0 0 0 1 1 0 0
5 カワサン 3 1 2 0 0 0 1 1 0 0
6 トヨ 4 1 2 1 0 0 0 0 0 0
7 オツヤン 2 1 1 1 0 0 2 0 0 0
8 マローン 4 1 0 0 0 0 0 3 0 0
9 インキョ 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0
10 キクリン 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0
投手名 投球回 失点 奪三振 与四死球
インキョ 1 3 1 1
クマ 5 5 2 7

 


   

6月9日(土):保土ヶ谷球場第二グランド (神奈川新聞杯2回戦)

 

1 2 3 4 5 6 7
大和ブロス 0 0 0 2 0 4 6
関東化成 0 3 0 4 0 2 9

 

【Report】
2回裏、インキョが3点を奪われ、追う展開に。4回表、ブロスが2点を返すもその裏に4点を奪われ、つきはなされる。ブロスにとってのビッグイニングは6回、イケポン、クマ3塁打、インキョのホームランなどで一挙4点を奪取する。6回裏の途中で時間切れのため、ゲームセット。ブロス初の公式戦は2回戦敗退となったが、いい経験として今後へとつなげていきたい。(MVPはマルチ安打のトヨ、準MVPはホームランのインキョ)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 ヌマッチ 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0
2 シミッペ 2 1 0 1 0 0 0 0 0 0
3 インキョ 3 1 2 0 0 1 0 0 0 1
4 キクリン 3 1 1 0 1 0 0 1 0 0
5 トヨ 3 2 1 0 0 0 0 0 0 2
6 ナンチャン 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0
7 コータ 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0
8 カワサン 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0
9 マローン 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0
10 イケポン 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0
11 クマ 1 1 1 0 1 0 0 0 0 0
12 オツヤン 2 1 1 0 0 0 0 0 1 0
投手名 投球回 失点 奪三振 与四死球
インキョ 5 7 3 4

 



6月17日(日):八部球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7
ブルーサンダー 0 2 3 0 0 0 5
大和ブロス 2 0 4 4 0 0 10

 

【Report】
左腕エースマローン、右足じん帯損傷から復活のマウンドへ。3回を投げ5失点と完全復活とはいかなかったが、今後のブロスにとって明るいニュースとなった。その後、マローンの後を引継いだイケポンがナイスピッチングを披露。攻撃面では、計10点をたたき出す集中力を発揮。特に打撃不調からの復活を予感させるマローンのセンターオーバー3塁打がキラリと光っていた。(MVPはマローン、準MVPはイケポン)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 ヌマッチ 2 2 3 0 0 0 0 0 2 0
2 ヤジソン 3 1 2 1 0 0 0 1 1 0
3 インキョ 2 1 0 0 0 0 1 1 2 0
4 キクリン 2 1 2 0 0 0 0 0 0 0
5 マローン 3 1 1 0 1 0 0 1 0 2
6 シミッペ 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0
7 クマ 2 1 0 0 0 0 1 0 0 0
8 カワチャン 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0
9 イケポン 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1
10 コータ 2 1 0 0 0 0 1 0 0 0
11 カワサン 3 1 0 0 0 0 0 0 1 0
投手名 投球回 失点 奪三振 与四死球
マローン 3 5 0 3
イケポン 2 0 3 2
ヌマッチ 1 0 0 0

 


    

7月8日(日):岸根公園 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
大和ブロス 0 0 0 0 0 0 0 1 1
RUSH 2 0 4 3 5 0 2 16

 

【Report】
なんたる完敗!なんたる実力差!投攻守すべての面で格上の対戦相手。RUSH様、勉強になりました。お付き合いいただきありがとうございました。
まずは、打撃面。相手先発左腕のうなるストレートにキリキリ舞のブロスメンバー。5回までに、なんと13三振を奪われる舞いっぷり。その間ヒットはマローンの2塁打1本のみ。反撃は8回表、4番インキョのエンツーを皮切りに何とか1点を奪うが、時すでに遅しのゲームセット。守備面では、キクリン・クマの2投手が必死の投球を続けるも、自らの四球・味方のエラーが足をひっぱり計16失点。ブロス始まって以来の大敗であった。
しかし、学ぶものは大きかった。参加したメンバーは、各々足りないところが明白になったと思う。来年から大和市のリーグ戦参戦に向けて、少しずつうまくなっていきましょう。三振しても、エラーしても、上向いて声だしていこうぜい!(MVPは、一矢報いたマローン、準MVPはエンツーのインキョ)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 マローン 2 1 0 1 0 0 1 0 0 2
2 カワチャン 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0
3 シミッペ 3 0 0 0 0 0 0 3 0 0
4 インキョ 3 1 0 1 0 0 0 2 0 1
5 コータ 3 0 0 0 0 0 0 2 0 0
6 クマ 3 0 1 0 0 0 0 2 0 0
7 カワサン 2 0 0 0 0 0 0 2 0 0
8 キクリン 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0
9 オツヤン 2 1 0 0 0 0 0 1 0 0
10 ヤジソン 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0
11 ツネ 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0
12 ホシクン 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与四死球
キクリン 3 6 1 9
クマ 4 10 0 3

 


   

7月21日(土):瀬谷本郷公園 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
Y.ウイナー 2 2 1 0 0 0 0 5
大和ブロス 3 0 1 5 1 2 12

 

【Report】
ブロスのクリーンアップが爆発。二ケタ得点で快勝!序盤はリードを許すも、4回裏、2アウト満塁からインキョの走者一掃3塁打で逆転。その後も4番キクリンのホームランやマローンの適時打などで12点を奪った。守っては、サードに入ったヤジソンの華麗なジャンピングスローやファーストシミッペの巧みな送球処理、センターマローンからの中継プレー(ホーム刺殺)など多くの見せ場をつくった。(MVPインキョ・準MVPキクリン)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 オツヤン 4 1 0 1 0 0 0 2 0 0
2 トヨ 4 1 0 0 0 0 0 2 0 0
3 インキョ 4 3 5 1 1 0 0 0 0 2
4 キクリン 4 3 3 0 0 1 0 1 0 1
5 マローン 2 1 2 0 1 0 2 0 1 0
6 ヤジソン 4 1 1 1 0 0 0 1 0 0
7 ナンチャン 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0
8 クマ 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0
9 コータ 2 1 0 0 0 0 1 0 0 0
10 シミッペ 2 2 1 1 0 0 1 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
インキョ 7 5 2 1

 

    

7月29日(日):座間市民球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
大和ブロス 5 0 1 2 2 10
ポプラーズ 0 0 8 2 1 11

 

【Report】
ヒロの久しぶりの復帰となった試合。初回から連打で得点を重ねるも、3回裏に一挙8失点で逆転を許す。その後も均衡した試合展開となるが、一歩及ばずゲームセット。反省すべき敗戦であった。(MVP、コータ。準MVPカワチャン)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 ヒロ 4 1 2 0 1 0 0 0 0 0
2 コータ 4 1 1 0 0 0 0 0 0 2
3 インキョ 4 1 1 0 0 0 0 0 2 0
4 キクリン 4 2 2 1 0 0 0 0 0 0
5 マローン 4 2 1 0 0 0 0 0 3 0
6 シミッペ 3 1 0 0 0 0 1 0 1 0
7 クマ 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0
8 カワチャン 3 1 1 0 0 0 0 0 0 1
9 オツヤン 1 1 1 0 0 0 2 0 1 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
クマ 5 11 3 10

 


  

8月11日(土):下福田球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
東邦電機 4 0 3 0 0 7
大和ブロス 0 0 0 1 1 2

 

【Report】
初回、守備の乱れで大量4点を取られ追う展開に。打撃面は全体的に湿りがちで、4回カワチャンのタイムリー、続く5回に1点を奪うがタイムアップ。(MVPカワチャン。準MVPマローン)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 イケポン 2 0 0 0 0 0 1 2 0 0
2 シミッペ 3 1 0 0 1 0 0 1 0 0
3 インキョ 2 1 0 0 0 0 1 1 0 0
4 キクリン 3 0 0 0 0 0 0 1 1 0
5 マローン 2 2 0 2 0 0 0 0 0 1
6 コータ 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0
7 カワチャン 2 1 1 0 0 0 0 1 0 2
8 ショージ 2 0 0 0 0 0 0 2 0 0
9 オツヤン 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
インキョ 5 7 2 2

 


  

8月11日(土):つきみ野球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
大和ブロス 0 0 2 1 6 9
Uジャンクス 5 1 0 0 4 10

 

【Report】
ダブルヘッダー2試合目。序盤から追う展開に。5回表クリーンアップの3連打などで逆転するも、その裏4点を奪われ逆転負け。助っ人二人の活躍にもかかわらず、本日2敗目を喫したブロスであった。(MVPキクリン、準MVPマローン)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 ショージ 3 1 1 0 0 0 1 0 0 0
2 オツヤン 1 0 0 0 0 0 3 0 1 0
3 インキョ 3 1 1 0 0 0 0 0 2 0
4 キクリン 2 1 2 0 0 0 0 0 1 2
5 マローン 3 1 1 1 0 0 0 1 0 1
6 コータ 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0
7 カワチャン 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0
8 ナミーン 3 0 1 0 0 0 0 2 0 0
9 オカドン 3 1 1 0 0 0 0 1 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
マローン 5 10 4 5

 


   

8月25日(土):光陵公園 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
Y.ウイナー 0 0 0 0 4 0 1 5
大和ブロス 0 1 0 0 1 3 0 5

 

【Report】
逆転に次ぐ逆転。好ゲームの末のドロー。ブロス先発マローン、4回まで要所をしめるナイスピッチングを展開。疲れが見え始めた5回に失点を許すが、その後立ち直り、完投。お疲れマローン。一方で打撃面。三振がやや多かったためつながりの弱い攻撃だったが、6回の逆転のシーンでは盛り上がったので、オッケーでしょうか。(MVPは2安打のキクリン・準MVPはナイスバッティング&ライトゴロGETのナンチャン)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 シミッペ 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0
2 クマ 4 1 1 0 1 0 0 1 0 0
3 インキョ 3 1 1 0 1 0 0 0 0 0
4 キクリン 3 2 1 1 0 0 0 0 0 2
5 マローン 2 0 0 0 0 0 1 2 0 0
6 クーヤン 1 1 0 0 0 0 2 0 2 0
7 コータ 2 1 1 0 0 0 1 1 1 0
8 ヤジソン 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0
9 カワサン 2 0 1 0 0 0 1 1 0 0
10 オツヤン 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0
11 ナンチャン 2 1 0 0 0 0 1 0 2 1

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
マローン 7 5 3 9

 


   

9月2日(日):厚木市営球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
大和ブロス 0 0 0 1 0 3 0 4
オールディーズ 0 0 0 0 0 0 0 0

 

【Report】
マローン一安打完封!ブロス、久々の勝ち星。前半は投手戦といった様相。相手投手攻略にてこずるブロス打撃陣。4回にカワチャンのタイムリーで均衡を破ると、6回一挙3点を奪い引き離す。投げてはマローン。中一週間ながら、コントロール重視、テンポよく打たせて取るピッチングを展開。結果、無四球1安打の完封勝利。守備もばっちり、ディフェンスの利いたナイスゲームであった。(MVPはもちろんマローン・準MVPは先制タイムリーのカワチャン)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 ナンチャン 4 1 0 0 0 0 0 0 1 0
2 コータ 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0
3 インキョ 4 1 0 1 0 0 0 0 0 0
4 キクリン 3 0 0 0 0 0 1 0 2 0
5 マローン 4 1 0 0 0 0 0 1 1 2
6 クーヤン 3 0 0 0 0 0 1 0 1 0
7 カワチャン 3 1 2 0 0 0 0 1 1 1
8 シミッペ 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0
9 カワサン 3 2 1 0 0 0 0 0 1 0
10 オツヤン 2 0 0 0 0 0 1 0 1 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
マローン 7 0 0 0

 


   

9月23日(日):厚木市営球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和ブロス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
ザ☆北島 0 0 4 3 0 0 0 0 7

 

【Report】
ずばり敗因はクリーンアップの沈黙にあり。3人で0安打では勝てる試合も勝てません。味方はもとより、相手チームにも失礼です。接戦の方が盛り上がるのですから。。。というわけで、ブロス惨敗。まあ、バッティングは水物。今後はがんばっていきましょう。ブロス3投手が踏ん張るも、打撃の援護は皆無。計3安打でジ・エンド。唯一の見せ場は、クマの柵越えHR。内角ベルトラインのストレートをレフトに向かってフルスイング。気持ちいい一発でした。2発目も頼んだぞ&助っ人のみんな、サンキュー!(MVPクマ、準MVPもクマのダブル受賞)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 イケポン 3 0 0 0 0 0 1 0 0 0
2 シミッペ 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0
3 インキョ 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
4 キクリン 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
5 マローン 4 0 0 0 0 0 0 3 0 0
6 クマ 2 1 1 0 0 1 0 0 0 3
7 バラック 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0
8 ミッチー 3 1 0 1 0 0 0 0 0 0
9 ザッキー 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0
10 コータ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0
11 オツヤン 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
クマ 3 4 0 3
イケポン 3 3 3 4
マローン 2 0 0 1

 


   

10月14日(日):川崎大師公園 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和ブロス 0 1 0 1 1 0 2 5
ユリアーズ 2 2 2 1 0 0 7

 

【Report】
勝ちたかった試合に惨敗。借金3へ。先発キクリンがマウンドに足をとられ、選球が定まらない展開。被安打は少ないものの、4回までに7点を献上。さて、攻撃陣。4番キクリンが2安打を放つなど見せ場はつくるものの、及ばずのゲームセット。(MVPはクリーンヒットのイケポン、、準MVPは2安打のキクリン)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 クマ 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0
2 イケポン 4 2 0 0 0 0 0 1 0 2
3 インキョ 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
4 キクリン 3 2 2 1 0 0 1 0 0 1
5 マローン 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0
6 カワサン 4 2 0 0 0 0 0 1 0 0
7 カワチャン 3 0 0 0 0 0 1 2 0 0
8 オツヤン 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
9 ショージ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
キクリン 4 7 1 10
マローン 2 0 0 0

 


    

10月21日(日):伊勢原鈴川公園 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
サンライズ 0 1 0 3 0 4
大和ブロス 3 0 4 3 10

 

【Report】
ブロス、投打ががっちりかみあい快勝。コントロール重視で臨んだ先発クマ。無難な立ち上がりから3回を投げ無四球1失点の好投。リリーフコータも踏ん張り、役目を果たす。守備のリズムは、打撃に大きな影響を及ぼすもの。クマの頑張りに応えるように、初回4番キクリンがレフトフェンスを大きく越える3ランHRを放つ。その後も好打が続き、10得点を叩き出した。次もこの調子でいきましょう!(MVPはキクリン、準MVPはクマ)

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 マローン 2 1 0 1 0 0 1 1 0 0
2 カワチャン 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0
3 クーヤン 2 1 0 0 0 0 1 0 2 0
4 キクリン 2 1 3 0 0 1 1 0 0 2
5 インキョ 2 1 1 0 0 0 1 0 2 0
6 クマ 3 1 2 0 0 0 0 0 0 1
7 オカドン 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0
8 シミッペ 1 0 1 0 0 0 2 1 0 0
9 コータ 3 1 0 0 0 0 0 1 0 0
10 カワサン 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0
11 ヤジソン 2 1 2 1 0 0 0 1 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
クマ 3 1 0 1
コータ 2 3 1 2

 


   

11月4日(日):藤沢市立明治小学校 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和ブロス 3 0 1 0 0 1 1 5
湘南ドラゴンズ 0 2 0 2 1 1 6

 

【Report】
ブロス先発はインキョ。肩の故障から、2ヶ月ぶりのマウンドへ。万全とはいかなかったが、緩急あるピッチングを展開。4回を投げ7奪三振の力投。打撃面では、初回に一挙3点を奪い、主導権をつかんだかに思われたが、2回以降相手ピッチャーを捉えきれず。接戦の末、ブロス敗戦。残念無念。(MVPはインキョ、準MVPはクマ)

 

打順 選手名 打席 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 カワチャン 4 0 0 0 0 0 0 2 0 0
2 マローン 2 0 0 0 0 0 2 1 1 0
3 クマ 4 2 0 0 0 0 0 2 0 1
4 キクリン 2 0 0 0 0 0 1 1 0 0
5 インキョ 3 2 2 2 0 0 0 0 2 2
6 シミッペ 3 1 0 0 0 0 0 2 0 0
7 ヤジソン 2 1 1 0 0 0 1 1 2 0
8 コータ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0
9 シナ 2 1 0 0 0 0 1 1 0 0
10 カワサン 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
インキョ 4 3 7 1
コータ 1 2 0 3
マローン 1 1 0 0

 


    

11月18日(日):つきみ野球場 (練習試合)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和ブロス 2 0 0 0 0 0 6 1 8
メイツ 5 2 2 0 1 0 0 10

 

【Report】
今シーズン最終戦は接戦好ゲームの末敗戦。ブロス先発は、マローン。コントロール重視で丁寧に投げ分けるも、初回につかまり5失点。特に、相手チームの3番、4番の豪快&巧いバッティングには脱帽か。打撃面では、この日3番にすわったカワチャンが大当たり。最近の不振を吹き飛ばすかのような活躍で、今シーズンを締めくくった。(MVPは3安打猛打賞のカワチャン、準MVPは2安打のコータ)
一年間、皆様お疲れ様でした。また、助っ人にきてくれた人たちもありがとうございました。シーズン通しては負け越しでしたが、昨年に比べれば、大きな進歩があった一年でした。オフはゆっくり休んでください。では、また来年!

 

打順 選手名 打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 四死球 三振 盗塁 MVP
1 シミッペ 4 1 0 0 0 0 0 1 0 0
2 カワサン 3 1 0 0 0 0 1 0 0 0
3 カワチャン 4 3 1 0 0 0 0 0 1 2
4 クマ 3 1 1 1 0 0 1 0 0 0
5 ヤジソン 4 0 1 0 0 0 0 1 0 0
6 シナ 4 1 0 1 0 0 0 0 0 0
7 コータ 3 2 1 0 0 0 1 0 0 1
8 オツヤン 4 1 1 1 0 0 0 1 0 0
9 インキョ 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0
10 マローン 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0
11 キクリン 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

投手名 投球回 失点 奪三振 与死四球
マローン 8 10 2 6

 

2007年度個人成績

最後に2007年の個人成績をまとめて掲載しておきます。

まずは打撃成績から。

2007年度個人打撃成績

160504-0007

 

続いて、投手成績です。

2007年度個人投手成績

160504-0008

 

最後に助っ人に来ていただいた方々の成績です。

2007年度助っ人さんの成績

160504-0003

 

以上、2007年度の記事でした!記録を残しておくと、当時を振り返れていいですよね。記録を残すのはちょっと大変ですが、ぜひチームで担当を決めてトライしてみてください!

ではまた。

adsense336280

adsense336280

-アーカイブ
-, , , ,

Copyright© the草野球blog , 2018 AllRights Reserved.