the草野球blog

リアルで草野球。ネットで草野球ブログ。

自分のチームのこと

episode13 想定内?想定外?メンバーが集まらないという危機

更新日:


人が来れないという“草野球”ならではピンチ

草野球プレイヤーの皆さん、こんにちは。

2015年7月中旬。オヤジたちにはかなりこたえる、暑さMAXの季節になってきました!

 

さて、私が監督を務めるチームといえば、連盟公式戦前期トーナメント戦4回戦に敗れ、小休止中。軽く練習試合をしながら後期のトーナメント戦の準備をしていました。

 

2015年6月中旬に後期戦の抽選会があり、トーナメント組み合わせが決定。ふむふむ中々いいくじ運だと意気込んでいたわけです。

 

初戦の予定が2015年7月12日(日曜日)。つまり明日となり、参加メンバーの確認を進めていたのですが、チーム始まって以来の危機が発覚。

 

 

人が来れない。

集まれない。

 

 

草野球チームの監督さんをやっていれば、必ず直面する危機ではないでしょうか。

僕たちのチームでは、公式戦初戦というタイミングでこのピンチに見舞われました。

 

 

これって避けられないリスク

全員30代中心のチームですので、こういうことは当然あると考えなくてはいけませんよね。むしろ今までの公式戦では集まりがよかったほう、つまりラッキーだったかも知れません。

 

30代〜40代の僕らってこういう状況。

  • 友人の結婚式が日曜日にある
  • 子どもが大きくなり行事が増える
  • 仕事も忙しくなる
  • 怪我もしやすくなる
  • もしかすると野球への情熱が低下する

 

何とか不戦敗は避けられたが。。。

ギリギリまで参加予定は8人でしたが最終的に10人が参加になり、不戦敗はなんとか回避。

 

しかーし、全く安心できない状況です。なぜなら、

 

  • エースが来れない
  • キャッチャーで3番打者が来れない
  • 5番打者の幹部が来れない
  • セカンドレギャラーが来れない
  • 外野の要の幹部が来れない
  • 4番でサード、監督のインキョ(僕)がひどい腰痛で出れないかも

 

 

 

おいおーい、ヤバ杉内!

 

 

 

さてさて、どうしたものか。

 

 

監督の醍醐味はここにあるのです

このような状況ですが、これは監督である私インキョの腕の見せ所。

それでも勝機はある!きっとあるはずなのです!

 

10人のメンバーが揃う!監督としては、それだけでもありがたい。

 

みんな参加したくても、来れないことがあるのが草野球。それは当たり前のこと。

初戦に与えられたこの試練を乗り越えれば、今回のクソ暑くて過酷なトーナメントもきっと勝ち上がることができるはず。

 

ということで、明日参加できるチームの皆さん、参加できない人のためにも頑張りましょう。何とか勝利をつかみましょうね。

この記事を読んでくれた草野球プレイヤー、または監督さん、いつもベストメンバーではないけど、それが草野球。頭を使いながら頑張っていきましょう!

 

明日の結果をこうご期待!ではまた。

 

adsense336280

adsense336280

-自分のチームのこと
-, , ,

Copyright© the草野球blog , 2018 AllRights Reserved.