the草野球blog

リアルで草野球。ネットで草野球ブログ。

自分のチームのこと

episode16 インキョ監督、動けなくなるの巻:前編【野球と腰痛】

更新日:


草野球プレイヤーと故障の話

30〜40代草野球プレイヤーの皆様、こんにちは。

 

突然ですが、最近カラダの調子、どうですか?

今回の記事は、草野球プレイヤー必見、というか、年齢を重ねるに連れて重要性が増してくる「体のケア」についてです。

 

何もスポーツをしていない同年代の人たち比べて、少なからず体を酷使している全国の草野球プレイヤーたち。そのうちの一人である私インキョの身に突然起こった悪夢。

それは、場外ホームラン級の衝撃でした。

 

プロローグ

2015年7月のある朝、草野球公式戦の前半戦に敗れた私は、バキバキと音がする体をなんとか持ち上げながら、最愛の息子と公園へ。

この息子、野球好きの親父を尻目に、サッカー、けん玉ときて、最近ついににテニスへと歩みを進める。(もちろん錦織圭の影響であることに疑いの余地はない

まあそれはいいのだが、なにせ私はテニスをしたことがない。テニスラケットなど振ったことがないわけである。

 

 

その朝私は近所の公園へとGO。スポーツオーソリティーズで買った自分用ラケットとともに。

 

「テニスのバックハンド」という、野球にない動き。

いま思い返せば、である。

私のダメージの原因は、多分バックハンドだ。

kusayakyuublog_nishikori

 

この体の使い方は、野球にはない。

機会があれば、力をこめて一度これを打ってみてほしい。両手で“打つもの”を持っているにもかかわらず、野球のバッティングとは全く違う。

上半身を先行させコントロールを重視する感覚のショット。初めての捻り。

なかなか新鮮な感覚を楽しみながら、私は調子にのって8才の息子にバックサイドでガンガンに打ち込んだのだった。

 

体への影響は突然に。

翌日の月曜日、朝起きると体に違和感が走る。

腰から下に激痛。足を動かそうとすると痛みで動かすことができない。神経に針を突き刺すような痛み。

 

「なんだこれは!!!いつもの筋肉痛と全然違う!!!」

 

しかしその痛みは初めての経験なので

“すぐに良くなるかもしれない。なんか筋を痛めただけかもしれない”

そんな思いもあり、いつも通り会社に向かうことにした。

 

しかし、足が痛い、右足が痛い。というか、右足を持ち上げる関節がもう無理。

痛みが蓄積される。長く歩けない。10歩歩いて休憩、10歩歩いて休憩を繰り返し。懸命に最寄り駅を目指す。

 

職場は都内。電車に乗らなくてはならない。歩くのも辛いが、座るのも辛い。せっかく座れても、結局、悪夢。四方塞がりの朝。

 

重症の予感。

なんとかたどり着いた職場でも長く座れない。デスクワークがメインの私なので、つまり仕事にならない。これは初めて経験する、重症の予感。背筋が凍る。

 

なんとか最低限の仕事をこなし、いざ病院へ向かいました。

今回は長くなってしまったので、続きは次回の記事に続きます!

ではまた!

adsense336280

adsense336280

-自分のチームのこと
-, , , ,

Copyright© the草野球blog , 2018 AllRights Reserved.