the草野球blog

リアルで草野球。ネットで草野球ブログ。




自分のチームのこと

episode20 連盟公式戦3回戦に挑む

更新日:


いよいよ3回戦がプレイボーーール!

前回の試合での2回戦勝利からちょうど2週間後の2016年8月21日日曜日。

いよいよ3回戦の戦いが始まった。

1、2回戦と大量リードでの快勝でここまでコマを進めた我がチーム。今回の参加メンバー11人。ベストに近いメンバーが集結し、気合十分。

こちらが先攻。プレイボーーール!

 

接戦。逆転。シーソーゲーム。

相手チームは20〜30代半ばで構成されたチーム。我らよりも若く全体的にパワーもあるよう。相手ピッチャーの球もなかなかきている。

しかしこちらも負けてはいない。このところ隙のない攻撃ができていたし、守備面でもピッチャーの好投が光っている。

ゲームは一進一退。緊迫した攻め合い、守り合いで終盤へと突入していった。

 

規定の試合時間は80分。5回表のこちらの攻撃を終えた時点で試合時間70分を経過。

スコアは3対2でこちらがリードしている。

残り時間は10分。仮に裏の攻撃を凌いだ時点で試合時間80分を越えていれば次の回へとは進まずこちらの勝利となる。

今になって試合を振り返ってみれば、この時点からの攻防で2つのポイント【勝敗の分かれ目】があったと思う。

 

勝敗の分かれ目① 相手4番バッターとの勝負。

5回裏、相手の攻撃。

相手打者は必死にボールに食らいつき、こちらも全身全霊で守る。グランドからの熱気が試合全体を覆いこむ。

 

何とか2アウトまでこぎつけたものの、ランナー2、3塁。ワンヒットで逆転の苦境。

しかも相手打者は4番バッター。体が大きくパワーがある。ここまで2打数1安打。2打席とも球足の速い当たりをかっ飛ばしている強打者だ。

 

サードを守る僕インキョは、時計を見やる。

残りは5分。この5分を経過すれば、この回で終わり。つまりリードを保って時間オーバーとなれば勝利。引き分けならくじ引き抽選。逆転されて時間オーバーなら敗戦。

 

ここで、ひとつの考えが頭をよぎる。

タイムを取り、時間を稼ぎ、この4番バッターを敬遠。満塁とし、次の5番打者で一か八かの勝負。抑えれば、時間超過となり勝利確定。打たれれば、引き分け抽選か敗戦となる。さてどうするべきか。。。

しかし、満塁策には押出しというリスクもある。。。

 

 

あなただったらどうしただろうか。

 

 

結局、僕は何もコールしなかった。4番打者との勝負となる。

外角低め。いいコースに投げた。

 

 

カッキーン!

 

 

ボールの行方は無情にもレフトオーバー。逆転のツーベースヒット。スコア3対4。

無念の結果。

 

 

しかし、まだ諦めない。次の5番打者を時間内に抑えれば裏の攻撃がある。

 

残り1分。

5番打者が打ったのはファーストフライ。時間内でチェンジ。

 

さあ、攻撃だ。

勝敗の分かれ目② スクイズか否か。

1点差を追う最終回の攻撃。

三番からの好打順。

 

積極的なスイング。相手内野手のエラーで出塁。

ノーアウトランナー1塁。

 

次は4番インキョ。僕だ。

 

ここは何としても打たねばならん。集中力MAX。

内角のストレートをバシッとジャストミート。三遊間を破るシングルヒット。

 

ノーアウトランナー1、2塁。

絶好の状況。

 

5番が堅く送りバント。

成功。1アウトランナー2、3塁。

 

ここで、どうするべきか。

ほしいのは1点。

 

もう時間の制限はない。タイムをかけて、スクイズの提案もありだろう。もしくはプッシュバントか。

 

ゴロさえ打てれば、1点は確実。3塁ランナーは俊足だ。

内野ゴロからのファーストへの“投げたらGO”で1点。何かしらのゴタゴタがあれば2塁ランナーの僕もホームへと突っ込める。

 

 

しかし、結局、僕は何のコールもしなかった。

 

 

バッターが積極的に振りにいく。

ファーストフライ。2アウト。

次のバッターも凡打で3アウト。

 

つまり、そう。

 

ゲームセット。

負けた。負けた。3対4。

真剣だった分、へこむ。ショックがでかい。

チーム全員がそうだった。

 

 

まとめ

今回こそは勝ち上がりたかった、しかし無理だった。またも、無理だった。

 

結果論となるが、勝敗の分かれ目は上記の2つだったと思う。どうすればよかったか、未だに分からないが、何とも悔しい次第だ。

 

ベストを尽くしたと思う。

しかし、勝つことがベストである以上、少なくとも勝つチャンスがあったであろうこの展開においては、僕達の行動が本当にベストを尽くしたのか、というとそうであるかは分からない。

結果として負けたのだから、きっと違う。ベストを尽くしていなかった可能性のほうが高いとも思う。

 

やった後悔よりも、やらなかった後悔のほうが重い。

結果的に草野球も真剣にやれば奥が深いな、と改めて思う。

 

ということで、今季公式戦終了!

残念無念の結果にi終わりましたが、上位リーグ進出はまだまだ諦めていません。来シーズンに達成するでしょう!

 

皆々様、少なくともやって後悔!やった未来には納得できるはずです。

勇気をもって、積極的な草野球で勝利を重ねてください!

 

ではまた!

adsense336280

adsense336280

-自分のチームのこと
-, , , ,

Copyright© the草野球blog , 2018 AllRights Reserved.