the草野球blog

リアルで草野球。ネットで草野球ブログ。




攻撃のこと 道具・その他

アシックスの飛ぶバット大特集!【バーストインパクト/ネクスチューブ/テックエース】

更新日:


アシックスの飛ぶバットまとめ【バーストインパクト/ネクスチューブ/テックエース】

全国のバッティング大好き草野球プレイヤーの皆さん、こんにちは。ホームランかっ飛ばしてますか?

さて、今回の記事はこの“the草野球blog”の人気記事を独占している“飛ぶ高機能バット”に関する記事になります。

その代表格は人気面からビヨンドマックスシリーズということが言えると思いますが、今回のバットはそのビヨンドマックスの弱点をカバーしているとも言えるアシックスの高機能バットを特集したいと思います!ビヨンドよりも値段も安いです。

どんなバットなのか。種類はどれくらいあるのか。その秘密に迫ります!

 

アシックス社の飛ぶバットの特長とは?

アシックス社製飛ぶバットのラインアップをチェック!

  • バーストインパクト(2016年最新)
  • ネクスチューブ(スリムタイプ)
  • テックエースシリーズ

になります。

これらのバット共通の特長は、一言で言い表すことができます!それは

“バットの打球面全体がウレタン!”

ということ。ウレタンというのは、あのビヨンドの芯周辺の柔らかい素材ということです。

 

そう、テックエースシリーズはバットの打球部のすべてが柔らかいウレタン素材でできていて、高反発でボールを打ち返すことができる!という訳です。

ビヨンドの根っこは金属ですが、テックエースは違います。

根っこでもウレタンです!

以下、最新モデル「バーストインパクト」の解説画像です。

バーストインパクト 構造

 

パーストインパクト 構造説明画像

先端や根っこで打ってしまうことって、結構ありますよね。打球部がほぼ全面ウレタンというのは、打ち損じの減少につながりそうですね。

 

では、それぞれのバットの特長やラインアップを見てみましょう!

バーストインパクト/ネクスチューブ(アシックス)

まずはバーストインパクトからチェックしてみましょう。

バーストインパクト

バーストインパクトイメージカット

打球面の全エリアに高反発ポリウレタン発泡材を採用。高反発エリアを意識することなく自然に飛ばすインパクトを追及!

テックエースシリーズの後継バットとして、2016年3月と発売開始となったバーストインパクト。

サイズと重さは以下のラインアップが用意されています。

バーストインパクト

バーストインパクト 製品カット

83cm680g/84cm690g/85cm700g(ミドルバランス)

バーストインパクトLW

バーストインパクトLW 製品カット

83cm650g/84cm660g(ミドルバランス)

どちらもミドルバランスで振り抜きやすい設計となっています。

LWのほうが軽いモデルとなっています。LWはLight Weightの略だと思います。さわやかな色ですね。

ネクスチューブ

ネクスチューブ 構造説明

84cm730g/85cm740g(トップミドルバランス)

 

ネスクチューブは、バーストインパクトに比べて重いモデルになっています。スラッガータイプの上級者用と言えるでしょう!

 

では、バーストインパクトとネクスチューブの実売価格をチェックしてみましょう。

まずはamazonから!

amazon バーストインパクト/ネクスチューブ

・バーストインパクト BB4024
・バーストインパクトLW BB4022
・ネクスチューブ BB4007

バーストインパクトの最新・最安値は以下のリンクからチェックできます。

→amazonでの最新・最安値をチェック

ネクスチューブの最新・最安値は以下のリンクからチェックできます。
→amazonでの最新・最安値をチェック

楽天 バーストインパクト/ネクスチューブ

・バーストインパクト BB4024

 

・ネクスチューブ BB4007

 

 

価格はネクスチューブの方が安いようですね。

 

では、続いてテックエースシリーズについて!

テックエースシリーズ(アシックス)

では、テックエースシリーズのラインアップをチェックしてみましょう。以下がラインアップのマッピングです。

テックエースシリーズ 比較表

ここでは以下のラインアップが紹介されていますね。重さも追記しまとめてみますね。

  • TECH ACE 83cm/710g、84cm/720g
  • TECH ACE LIGHT 83cm/670g、84cm/680g
  • TECH ACE EX 84cm/740g、85cm/750g
  • SUPER TECH ACE 84cm/740g
  • UTLRA TECH ACE 83cm/720g、84cm/730g、85cm/740g

トップバランスは「TECH ACE EX」のみですね。重さも85cmで740g程度ですから、軽い部類ですね。ちなみにビヨンドマックスメガキング2は85cmで780gです。しかもトップバランス設計。こういったバットは、ホームランバッター用に作られたという感じがしますよね。

「ミドルバランスが多いこと」「全体的に軽めであること」「ミート範囲が広いこと」を考えると、テックエースシリーズはホームランバッター用というより、アベレージヒッターから中距離打者の方にピッタリのバットかもしれません。

 

実売価格をチェック!

ではそれぞれのシリーズの実売価格を見てみましょう。

TECH ACE/TECH ACE LIGHT

スタンダードなテックエース。さらに軽い“ライト”もラインアップ。

amazon

・テックエース BB4021/4011
・テックエースライト BB4016/4006

テックエース/テックエースライトの最新・最安値は以下のリンクからチェックできます。
→amazonでの最新・最安値をチェック

 

楽天

・テックエース bb4021

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アシックス】 一般軟式用FRP製バット テックエース BB4021-9081
価格:25800円(税込、送料無料) (2017/2/20時点)

 

 

・テックエースライト BB4006

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

20%OFF ASICS 軟式 テックエース ライト BB4006 1190:グレー×ブラック
価格:25920円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

 

 

TECH ACE EX

シリーズ唯一のトップバランス。パワーヒッターにおすすめ!

amazon

・テックエースEX BB4014


テックエースEXの最新・最安値は以下のリンクからチェックできます。
→amazonでの最新・最安値をチェック

楽天

・テックエースEX BB4014

 

スーパーテックエース/ウルトラテックエース

「スーパーテックエース」と最上位モデル「ウルトラテックエース」

amazon

・スーパーテックエース BB4005
・ウルトラテックエース BB4012


スーパーテックエースの最新・最安値は以下のリンクからチェックできます。
→amazonでの最新・最安値をチェック

 

 

楽天

・スーパーテックエース BB4005
・ウルトラテックエース BB4012

 

以上、アシックスの飛ぶハイテクバットの特集でした。いわばバット全体が芯のこのバット、これさえあればヒット量産!?

ではまた!

adsense336280

adsense336280

-攻撃のこと, 道具・その他
-, , , , , , , ,

Copyright© the草野球blog , 2018 AllRights Reserved.